田舎と都会の人を結ぶ 赤谷の森学校 

活動内容(詳細)ACTIVITY

自然を調べる・保全する


自然林復元100年モニタリング

時代は、人工林から自然林へ。あなたも参加しませんか?

2011年から開始した赤谷プロジェクト自然林復元試験地では、伐採後の人工林が自然林に回復していくプロセスをモニタリングしています。10年、20年、100年の間、調査や復元作業を一緒に行うボランティアを募集します。

日本は、国土の70%が森林で、その40%が木材生産を目的にした人工林です。木材需要が低迷し林業家が極端に不足する中、多くの人工林は、人の手が入らない暗く荒れた森になっています。近年になり、人工林を現地の植生の自然林に戻す試みが各地で始まっています。生物多様性が豊かで、保健機能の高い自然林の復元試験にあなたも参加しませんか?

日時   2016年11月5日(土)〜6日(日)

募集対象 高校生以上。自然環境や自然林の復元に興味のある方。自然環境の調査を行ってみたい方。いきものに詳しくない方でも可能な調査を行います。

定員   20名 (最少催行人数は15名です。)

宿泊   高原千葉村市民ロッジ
〒379-1404 群馬県利根郡みなかみ町相俣2325番地

集合   11月5日(土)10:30 高原千葉村
車の場合 関越自動車道月夜野ICから約30分。
公共交通機関の場合 10:01 「逆桜」バス停前集合(バス停から送迎バスあり。上越新幹線上毛高原駅「MAXたにがわ403号」9:21着、「猿ヶ京温泉」行き9:31発に乗車)

プログラム日程
11月5日(土)
・講義(調査方法など)
・自然林復元試験地見学
・野外実習(植生断面図の作成など)
・懇親会
11月6日(日)
・試験地見学
・野外実習(実生調査・自然林復元のための草刈等管理作業)
・ふりかえり

講師   亀山 章(NACS-J理事長)、長池卓男(山梨県森林総合研究所)

参加費  NACS-J会員または赤谷の森学校学生20,000円 一般 25,000円
1泊3食付き、全て税込み。日帰り参加は会員9,000円(一般14,000円)

申込方法 「パンフレット(word)裏面」に参加者の氏名、生年月日、住所、連絡先、交通手段を入力の上、赤谷の森学校宛てメール添付でお送りください。郵送またはFaxの方は「パンフレット(pdf)」の裏面をご利用ください。

申込み締切り 2016年10月21日(金) 定員になり次第、締め切ります。

主催   (公財)日本自然保護協会、赤谷の森学校

後援   (社)みなかみ町観光協会

赤谷の森学校  

関連リンク  

1