アオハダ

学名 Ilex macropoda
別名
青膚 分類 モチノキ科モチノキ属 (落葉高木)
樹皮が薄く、爪などで簡単に剥がれ、緑色の内皮が見えるのでついた名。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
神奈川県 丹沢、箱根、小仏山地の多い。シイ・カシ帯〜ブナ帯下部に生える。川崎・横浜北部の丘陵地にも稀に見られる。
用途 庭木、器具材
山地に生え、樹高は10〜15mくらいになる。

上野原市
秋山
161016
アオハダ樹
枝は直線状に斜上、あるいは横に張り出す。1年枝が長枝になり、2年枝は短枝になる。

丹沢
箒沢
090627
アオハダ樹
幹は灰白色。樹皮の外皮が薄く、内皮が緑色で容易に判別できる。

丹沢
檜洞丸
080517
アオハダ幹
葉は単葉で、長枝に互生し、短枝の先には束生する。写真は長枝。
葉身は卵形〜広卵形で、先は短鋭頭で基部は円形、縁には低い鋸歯がある。表面にはわずかに細毛があり、裏面は淡緑色で脈上に開出毛がある。


丹沢
丹沢山
050515
アオハダ葉
雌雄異株。花は5〜6月に短枝の先に集まってつく。写真のように束生した葉と一緒に、小さな緑白色の花が咲くのであまり目立たない。
花弁は4枚、雄しべが4個。雄花は雌しべが退化して見えない。
雄花

東京都
日野市
多摩動物公園
150502
短枝に雌花が束生し、秋には赤く実が熟すのできれい。
果実はほぼ球形の核果で赤く熟す。冬に葉が落ちても実がきれいに残ることが多いので、鳥にとってはそれほど美味しくない実なのかもしれない。鳥による被食型散布の実である。


上野原市
秋山
161016
アオハダ実
1つの果実の中に3〜4個の固い種子(正確には核)が入る。ミカンの房のような形で、表面は縦の稜がある。 種子

上野原市
秋山
161016
淡い黄色に色づいていた。 黄葉

上野原市
秋山
151105
一年枝は各節でジグザグに屈曲する。冬芽は小さな円錐形で先端が尖る。芽鱗は無毛。 冬芽

上野原市
秋山
120505

樹木の写真Top