ケヤマハンノキ 学名 Alnus hirsuta
別名  
毛山榛の木 分類 カバノキ科ハンノキ属 (落葉高木)
山に多いハンノキで、葉に毛が多いための名。ハンノキについてはハンノキを参照。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、アジア東北部
神奈川県 三浦半島を除き、シイ・カシ帯〜ブナ帯まで広く分布する。緑化樹として、植栽もされる。
用途 緑化樹、土木・器具材
山野に生える。成長が早い先駆種であり砂防緑化樹としても、よく植えられる。従って、自生か逸出かの判別は難しい。
山野のカバノキの仲間では、最もはやく開花し、雄花が垂れ下がり早春の林で目立つ。写真では、赤味を帯びて枝についているのが雄花。
変種に、葉や枝が無毛のヤマハンノキ、葉や果穂が小型のタニガワハンノキがある。神奈川ではヤマハンノキは、ほとんど同じ分布状態。タニガワハンノキはきわめて稀。


丹沢
塩水川
080309
ハンノキ樹
樹皮は紫褐色を帯び、やや平滑、灰色の皮目が多い。特徴の無い樹皮だが、大木になると横しわができやすく、枝の落ちた跡が、目のような模様になることが多い。

丹沢
塩水川
060108
ハンノキ幹
雌雄同株、雌雄異花で、3〜4月に葉に先立ち花を咲かす。
枝の先から、雄花序、雌花序、葉芽の順に着く。雄花序は6〜9cmの尾状花序で、2〜4個下垂する。


丹沢
塩水川
050320
ハンノキ花
雌花序は、雄花序の根元に3〜6個が総状に出る。多数の花が集まった毬果状で、花被は無く、花柱が紫紅色を帯びる。 雌花

丹沢
塩水川
050320
ハンノキ雌花
葉は互生し、葉身は広楕円形または円形で、縁に浅い欠刻状の重鋸歯がある。写真のように、特徴的な葉である。
葉裏には、びっしりと毛が密生する。毛の多少は、株による変異があり、ヤマハンノキとの堺は、見分けが難しいとされる。


丹沢
塩水川
050515
ハンノキ葉
雄花序が落ちた後は、広楕円形の果穂が枝の先端になる。若い時は、緑色で堅い。冬には熟し、松かさ状の果穂になる。 若実

丹沢
塩水川
050917
ハンノキ若実
果穂から、翼のある実がこぼれ出た後の松かさ(苞)は、そのまま枝に残り、翌年の新しい果穂と一緒に枝に付いている。

丹沢
塩水川
050515
ハンノキ枝
冬芽は茶褐色で柄があり、やや曲がった長卵形で先が丸い。2〜3枚の芽鱗で覆われ樹脂で固まる。ハンノキと比べやや太い。 冬芽

丹沢
塩水川
050320
ハンノキ冬芽
花の終わった後で新葉が芽吹く。新葉は赤味を帯びる。 芽吹き

上野原市
秋山
150410
ハンノキハイボフシと、同じ虫こぶと思われる。「虫えい図鑑」には、宿主としてケヤマハンノキは、載っていない。
フシダニの一種により、葉の表に作られる。表面は平滑で、黄緑色から紅色、褐色になる。砂糖菓子のようで綺麗。
葉虫こぶ

群馬県
新治村
050604
ハンノキ虫コブ

樹木の写真Top