コゴメウツギ 学名 Stephanandra incisa
別名  
小米空木 分類 バラ科コゴメウツギ属 (落葉低木)
小さな花を、砕けた米粒に見立てた名。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
神奈川県 県内全域に分布する。
用途 庭木
山地の、日当たりの良いところに、普通に生える。よく分枝し、横に広がり薮状態になる。

丹沢
塩水川
040513
木は灌木であり株立ちする。茎は直線的に伸び、枝垂れた茎の途中から次の枝が分岐し上に伸びることを繰り返す。
茎は灰褐色で縦に筋がはいる。一年枝は赤みを帯びる。


上野原市
秋山
120526
名前はウツギではあるが空木ではない。芯には淡褐色の髄が詰まっている。 幹断面

上野原市
秋山
161107
葉は互生し、葉身は卵形で、先は尾状に尖る。縁は、羽状に浅〜中裂し、欠刻状の鋸歯がある。

上野原市
秋山
160409
花は5月頃、新しい枝先に円錐状の花序を作り、小さな白い花を咲かす。花弁、萼片ともに白色で5枚、写真の長い方が花弁。雄しべは10本。
花の色はのちに黄色を帯びる。
花言葉 「運の強い人」


丹沢
塩水沢
040513
果実は袋果で球形。 若い実

群馬県
みなかみ町
赤谷
070804
冬の枝先に俯いた実殻が残っている。 実殻

港区
自然教育園
190214
冬芽は先の尖った楕円形。形成初期は芽鱗は赤味のかかった淡褐色。後に褐色になるようだ。 冬芽

上野原市
秋山
161109

樹木の写真Top