クマヤナギ

学名 Berchemia racemosa
別名
熊柳 分類 クロウメモドキ科クマヤナギ属 (落葉つる性)
幹が黒くて丈夫なためにクマ、葉がヤナギを思わせるので、つけられた名、らしい。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄。
神奈川県 全域の丘陵、山地に普通に生える。
用途 特になし
幹は古くなると黒っぽくなり、縦に裂け目ができる。

丹沢
姫次
060903
クマヤナギ幹
つる性ではあるが、他のものに巻きつかず、もたれ掛かる、あるいは覆いかぶさるように大きくなる。

群馬県
みなかみ町
赤谷
070805
クマヤナギ枝
葉は互生し、卵形あるいは長楕円形になる。縁は全縁で、葉脈が平行ですっきりしている印象がある。

丹沢
八丁坂の頭
070916
クマヤナギ葉
花は7〜8月に、枝先や葉腋から円錐花序を出し、緑白色の小さな花を多数つける。
花言葉「遠慮」


群馬県
みなかみ町
赤谷
070805
クマヤナギ花
果実は5〜7mmの核果。翌年の8月頃に熟す。初めは緑色で、のちに赤くなり、最後に熟すと紺〜黒色になる。生食可。
熟すころに、新しい花が咲くので、花と実を同時に見ることができる。
若実

群馬県
みなかみ町
赤谷
070707
クマヤナギ実
果肉を取り去ると、玄米のような形状のが現れる。 種子(核)

群馬県
みなかみ町
赤谷
090801
クマヤナギ種子
若い蔓は赤褐色〜緑色で、堅く丈夫。冬芽は細長く、蔓に伏生する。葉痕が突き出る。 冬芽

長野県
黒姫
070429
クマヤナギ冬芽
葉におかしな出っ張りができていた。葉脈にそって表に半円状に突き出ている。
クマヤナギハフクロフシと呼び、キジラミノ一種により形成される。裏面には狭いすじ状の開口部があり、開いてみると1匹の幼虫がいた。
虫コブ

群馬県
みなかみ町
赤谷
080608
クマヤナギ虫コブ

樹木の写真Top