クヌギ

学名 Quercus acutissima
別名 ツルバミ(橡)、クノギ
櫟(中)、柞(中)
櫟、柞、橡 分類 ブナ科コナラ属 (落葉高木)
古くから役にたつ木とされ、語源も説が多い。食の木(クノキ)、薪の木(クノキ)、栗似木(クリニキ)、国の木(クニノキ)、木の木(クノキ)などからの転とされる。 原産・分布 本州(岩手県以南)、四国、九州、沖縄、東アジア(中国〜ヒマラヤ)
神奈川県 全域に分布する。丹沢、箱根の上部を除きごく普通。
用途 公園樹、器具・船舶材、薪炭材、シイタケの原木
暖地の山林に普通に生える。関東地方では、ケヤキと並んで景観を作る要素だった。里山では、コナラと合わせて、重要な薪炭材(エネルギー源)と言えた。
幹は直立し、高さは15mになる。
雑木林の中では黒っぽい樹皮に見える。写真手前右側の木がクヌギ。中央の白い幹はイヌシデ。左奥がコナラ。イヌシデは燃えにくく薪には適さないので、薪炭林には少なかったが近年の雑木林では主要な樹種になっている。
雑木林

千葉市
若葉区
小倉の森
160607
樹皮は灰褐色で、やや深めに不揃いに割れる。深い割れ目の底が、褐色に見える。
★食★シロスジカミキリ、ミヤマカミキリなど
★樹液★オオムラサキゴマダラチョウキタテハ、カブトムシ


横浜市
大倉山公園
0202
クヌギ樹
葉は互生し、葉身は長楕円状披針形で鋭尖頭。縁には針状の鋸歯がある。
クリの葉とよく似ている。クヌギは、裏面主脈上はほとんど無毛、鋸歯の先が黄褐色(クリは有毛、緑色)なので区別できる。
★食★アカシジミ、ウラナミアカシジミ


厚木市
七沢森林公園
080530
雌雄同株、雌雄異花。風媒花。
4〜5月に、葉の展開と合わせて花が咲く。新枝の下部からは、穂状の雄花序が多数垂れ下がる。
コナラよりボリュームがある。
雄花

横浜市
港北区
040411
クヌギ雄花
雌花は、新枝の上部の葉腋に1〜3個付く。小さく目立たない。 雌花

藤沢市
六会
080411
クヌギ雌花
果実は、堅果(いわゆるドングリ)で、翌年の秋に熟す。直径2cmと大型で、下半分はお椀型の殻斗に包まれる。
大型のドングリのため、狩猟・採取の時代にはクリやトチノキと並び重要な食料だった。人との関係は長いと言える。→こぼれ話し「虫歯」
この実の殻斗や樹皮の煮汁は、染料に使われた。灰汁を媒染剤にすると、ツルバミ色が出る。
★食★オシドリ、オナガカケス、カラス、キジ、キジバト、コガモ、マガモ、ヤマドリ


藤沢市
六会
051010
クヌギ実
暖地の山林に普通に生える。関東地方では、ケヤキと並んで景観を作る要素だった。里山では、コナラと合わせて、重要な薪炭材(エネルギー源)と言えた。
幹は直立し、高さは15mになる。
秋には黄葉するが、枯色の茶色に近いため、あまり綺麗ではない。
樹(黄葉)

横浜市
港北区
0112
クヌギ樹
一年枝はやや細く、淡褐色〜褐色で白い皮目が散生する。
冬芽は、先端に頂芽の他に1〜2個の側芽が付く。やや細長く、栗褐色で、灰白色の毛がある。芽鱗が多く、5列に並ぶので、断面は5角形となる。5角形はコナラ属の特徴。
冬芽

千葉県
上総湊
060205
クヌギ冬芽

樹木の写真Top