クロマツ 学名 Pinus thunbergii
別名 オマツ
黒松 分類 マツ科マツ属 (常緑高木)
樹皮が黒いマツの意。「マツ」については、門松(こぼれ話参照)に見られるように神を「待つ」、神を「祀る」の意と、常緑であることからマトノキ「真常木」、久しきを「待つ」、「保つ」の意であるとする説などがある。 原産・分布 本州、四国、九州、朝鮮南部
神奈川県 海岸から内陸部までシイ・カシ帯に広く分布する。植採が多い。真鶴半島の黒松林は、巨木が多く見事。
用途 庭木、並木、防風・防潮樹、建築・土木・器具材
海岸沿いを中心に、広く自生する。日本の絵画でよく素材となる。山地はアカマツ、海岸はクロマツが多い。東京、横浜での庭木としては、クロマツが圧倒的に多い。

横浜市
鶴見区
花木園
0204
樹皮は、灰黒色で、老木になると、深い亀甲状に裂け目ができ、厚い不規則な断片となって、剥がれ落ちる。

横浜市
三つ池公園
040329
4〜5月に開花する。雌花は、今年の枝の先端に2〜4個付く。紫紅色でほぼ球形。球果は、翌年の10月ころ熟す。 雌花

横浜市
鶴見区
030526
雄花は、今年の枝の下部に群がって付く。ただし、雌花と雄花が、必ずしも同じ枝の、上と下とに付くとは限らない。
下の球果は、去年の雌花の、まだ若い実。従って球果の付いている枝は去年の枝。
10月になると、松ぼっくりが割れ、翼果が飛ぶ。
雄花・実

藤沢市
六会
050513
雌花が咲いてから松の球果が熟すまで3世代の球果を確認できる。
伸びている新枝の先に赤い雌花があり、その新枝の付け根に1年目の球果がつく。さらに昨年秋に種を飛ばしてしまい今は開いたままのマツボックリ。
3代の実

みなかみ町
猿ヶ京
160515
こぼれ話
「松竹梅」

お酒やお線香のブランドとして、あるいは落語や長唄などの芸能の演題となっており、日本ではめでたいことの象徴になっている言葉。元は中国の「歳寒三友」として、文人画で好まれた画題の一つ。中国での松竹梅は、寒中でも色あせず、花開く「清廉潔白」という文人の理想を現したものとされた。元・明代には、陶磁器に描かれる主題として好まれた。写真は『歳寒三友図』(趙孟堅)
日本で料理などのランクとして松が一番、以下竹、梅と続くが、元々の意に順位は無い。寿司などを注文するのに、「並3つ」などと言わずに「梅3つ」の方が好まれる。
植物学的に「松竹梅」を見てみると、松が裸子植物、竹が被子・単子葉植物、梅が被子・双子葉植物と、植物の3界の代表が揃う。さらにお正月飾りでウラジロがあれば胞子植物となり、植物界の全てが揃って本当にめでたいことになる。(「語源辞典 植物編」より)
「門松」
最近の集合住宅では飾れなくなってしまったが、正月を迎える家の門口に立てる松や竹を組み合わせた飾り。一般の家庭では、簡略化した一対の松に水引を付けたものを飾ることが多い。
平安時代末から行われていた「子の日の小松引き」などの行事を元に、鎌倉時代にかけて広まった習俗といわれる。
門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし」一休和尚(1394〜1481)
松以外にも椿、榊、樒などの常緑の木が常磐木(神聖な木)として用いられた。古くから木の梢に神が宿ると考えられたところから、歳神さまを正月に迎える依代の意味合いだが、悪霊や邪気が家の中に入るのを防ぐ意味もある。
江戸時代の都市部では、「松は千年、竹は万年を契るめでたいもの年の初めの祝い事」として考えられていた。1月の7日や小正月の火祭りに下げて焼くことが多い。元旦から7日までを「松の内」と言う。
門松の形式は地方によりいろいろある。太い竹を3本束ね、根元を若松の枝を配置し、下部を藁で巻く形式のものが多い。竹の先端は斜めに切る(そぎ)場合と、真横に切る(寸胴切り)場合とがある。そぎは徳川家康が始めたと言われる。松を用いず細い竹を一対立て、注連縄を結ぶ形式や、松だけを立てる形式などいろいろある。
写真は「江戸名所図絵」より元旦諸侯登城の図。大きな屋敷の前を江戸城に登城する大名行列が行く。大名屋敷に大きな門松が立っているのが目立つ。

樹木の写真Top