マテバシイ

学名 Pasania edulis
別名 サツマジイ、マタジイ
(漢字無し) 分類 ブナ科マテバシイ属 (常緑高木)
(語源は不明) 原産・分布 本州(紀伊半島)、四国、九州、沖縄 (日本特産種)
神奈川県 自生は無い。薪炭用に多く植採され、丘陵地への逸出もある。
用途 庭木、公園・街路樹、建築・器具材、シイタケ榾木、薪炭材
沿海地の林野に生える。横浜では、いたるところの公園に植えられている。古くから食料として集落の近くに植栽されたために、もともとの分布が分からなくなっている。本州南部は植林と言われる。
葉が厚く、防風、防火に使われた。環境に耐え、よく育ち、剪定にも強いので神社の境内、工場の緑化などでも植えられる。
樹(花期)

横浜市
港北区
070604
幹は、しばしば株本から数本の幹立ちになる。樹皮は灰黒色、縦に細かい白い筋がある。

横浜市
岸根公園 (植栽)
030126
春の終わりに一斉に新しい芽を伸ばす。展葉と同時に、新葉の葉腋に花序をつける。
全ての頂芽から新しい枝葉を伸ばして花を咲かせるので、樹冠が一瞬で膨張したように見える。
展葉

横浜市
港北区
070531
葉は互生、葉身は倒披針状長楕円形で大きい。縁は全縁、質は革質、表面は光沢がある。


立川市
昭和公園
050306
雌雄同株。
6月に樹全体が黄色くなるように花をつける。雄花序は穂状花序で、新枝の葉腋から上向きにつく。雌花序は雄花序より上部の葉腋につくか、ときに上部の雄花序の基部に、雌花がつくこともあるらしい。
写真では、両方が混在して見える。


横浜市
港北区
050611
実はいわゆるドングリ(堅果)で、長さが2〜3cmになる。殻斗(帽子)は総苞片が瓦状(ツブツブ状)に並ぶ。
マテバシイはコナラ属と異なり、一つの花軸に多くの雌花をつけるので、ドングリも穂状に結果する。また成熟は翌年の秋のため花の時期に若い実を見ることができる。
タンニンなどの有毒成分が少なく、加熱すればそのまま食用になる。


川崎市
高津区
(植栽)
040820
ブナ科の常緑樹の冬芽は小さいものが多い。マテバシイも1〜2mmほどで冬を越す。4月に入ると急に膨らむ。写真は少し大きくなっている。
頂生側芽になる場合が多い。全ての頂芽が芽吹くことが多く、結果として春の芽吹きで枝を分ける。
外見が類似するタブノキとは冬芽を見ることで明確に区別できる。
冬芽

東京都
海の森公園
160227

樹木の写真Top