ニガキ

学名 Picrasma quassioides Benn.
別名
苦棟樹(中)
苦木 分類 ニガキ科ニガキ属 (落葉高木)
樹全体に、結晶性苦味質カシン(quassin)を含み苦いための名。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ヒマラヤ
神奈川県 全域に分布する。シイ・カシ帯〜ブナ帯下部の落葉紅葉樹林に見られる。
用途 器具材、下駄、薪炭、健胃薬
山野に普通に生える。
神奈川では、どこでも見ることができるが、目立った特徴が無いので、気がつかないことが多い。


厚木市
自然保全センタ
050515
ニガキ樹
樹皮は黒褐色で滑らか。白っぽい細点がある。煎液は健胃剤にもなるし、殺虫剤にも利用された。

厚木市
自然保全センタ
040418
ニガキ幹
葉は互生し、奇数羽状複葉。小葉は4〜6対あり葉身は広披針形、縁には低い鋸歯がある。表裏ともにほとんど無毛。小葉の葉柄は短い。

厚木市
自然保全センタ
050515
ニガキ葉
雌雄異株。
4〜5月に、葉腋から集散花序を出し、黄緑色の小さな花を開く。雄花は、萼片、花弁、雄しべがそれぞれ4〜5個ある。雌しべは退化している。
花盤が大きく膨らみ、丸くなっている花がいくつか見える。これが何かよく分からないでいる。雄花の落ちるころ、この球状のものも赤みを帯び、一緒に落ちてしまった。
雄花

横浜市
港北区
060503
ニガキ雄花
雌花の花柄は雄花のそれより長い。子房は4〜5裂し、それぞれが楕円形で、緑藍色に熟す。写真は、中央に雌しべが見える。 若実

厚木市
自然保全センタ
050515
ニガキ実
横浜では、他の樹よりも早く色づいていた。 黄葉

横浜市
港北区
071027
ニガキ黄葉
頂芽は、褐色の裸芽でやや大きく、幼葉が、向き合って巻いていて、丸く見える。
葉痕は、丸に近いハート形で、白っぽく目立つ。


ニガキ葉痕
冬芽

横浜市
港北区
061204
ニガキ冬芽
上の写真の冬芽が、膨らんできたところ。怪奇マンガの悪役の目覚め、に見えないこともない。
新芽

横浜市
港北区
070326
ニガキ新芽

樹木の写真Top