ニシキギ

学名 Euonymus alatus
別名 ヤハズニシキギ、ソバノキ
衛予(中)
錦木 分類 ニシキギ科ニシキギ属 (落葉低木)
紅葉の美しさを錦(ニシキ)に例えた名。別名のヤハズとは、枝の翼を矢筈(ヤハズ)にたとえたもの。またソバノキは、実の形が蕎麦の実に似るので。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、中国、アジア東南部
神奈川県 丘陵から山地にかけて、広く分布する。
用途 庭木
山野に自生する。紅葉が美しいため庭にも植えられる。

厚木市
七沢森林公園
080429
ニシキギ樹
葉は対生し、葉身は倒卵形または長楕円形、表裏面ともに無毛。縁には鈍い鋸歯がある。
新葉

厚木市
自然環境保全センター
080413
ニシキギ葉
5〜6月に葉腋から、葉より短い柄の集散花序を出し、淡緑色の花を数個開く。花弁、雄しべは4個、萼は4裂する。

立川市
玉川上水
030504
ニシキギ花
朔果は狭倒卵形で、熟して裂けると、橙赤色の仮種皮につつまれた種子が1個現われる。
★食★ツグミシジュウカラメジロ、コゲラ、アトリ


埼玉県
嵐山町
091024
ニシキギ実
仮種皮がはじけると、3〜4mmの種子が現れる。小鳥が食べ種子散布するが、あまり美味しいとは思えない。 種子

埼玉県
嵐山町
091024
ニシキギ種子
ニシキギの名の元になった紅葉。他のニシキギ科は、あまり紅葉を見たことがない。 紅葉

藤沢市
六会
051115
ニシキギ紅葉
冬芽は長卵形で先が尖る。芽鱗は4列あり、縁は紫褐色の縁取りがある。
枝は、初め緑色で無毛だが、後にコルク質の4翼が発達する。この翼のないものをコマユミと言う。
冬芽・枝

横浜市
鶴見区
(植栽)
040329
ニシキギ冬芽

樹木の写真Top