オオシマザクラ

学名 Prunus lannesiana var. speciosa
別名 タキギザクラ
大島桜 分類 バラ科サクラ属 (落葉高木)
大島を始めとする伊豆諸島に、自生するサクラのための名。古くから薪炭用に植えられたため、タキギザクラの別名がある。 原産・分布 伊豆諸島(日本特産種)
神奈川県 自生は無い。古くから、薪炭用に植採されたものの逸出が、丘陵〜山地のシイ・カシ帯に広く見られる。
用途 庭木、公園・街路樹、器具材、薪炭材
沿海地から山地にかけて生える。樹高は15mに達する。
花は、葉と同時に開き、新緑の緑色と、花の白色が混ざった色合いになる。ただし、花の時期が3月下旬〜5月上旬と巾があり、新芽の色も緑色から、紫褐色のものまで変異が多い。
ソメイヨシノは、本種とエドヒガンの一代交配種と言われる。
見分け方(サクラ亜属)


横浜市
三つ池公園
040329
オオシマザクラ樹
樹皮は暗灰褐色で、横に長い皮目が目立つ。
サクラの仲間の材は堅く薪として火力が長持ちする。オオシマザクラは身近にあるサクラであり、薪材として植林されることもあった。


八王子市
森林科学園)
050410
オオシマザクラ幹
花は、展葉とほぼ同時に咲く。白く大型で、香りがあり、3〜4個散房状に付く。花柄と萼は無毛で、萼片に鋸歯がある。

横浜市
鶴見区
せせらぎ緑道

030404
オオシマザクラ花
葉は互生し、葉身は倒卵状長楕円形で先は尾状に尖る。縁には先の尖った重鋸歯がある。ブラシ状あるいは鋸状の大きな托葉がある。托葉は実のなるころには落ちている。

横浜市
港北区
篠原園地
070416
オオシマザクラ葉
5〜6月に熟して黒くなる。ヤマザクラと比べて熟すのが遅い。また、実が大きいためか、垂れ下がる傾向がある。

横浜市
港北区
篠原園地
060529
オオシマザクラ実
冬芽は大きく無毛。 冬芽

横浜市
港北区
篠原園地
080128
オオシマザクラ冬芽

樹木の写真Top