オリーブ 学名 Olea europaea
別名
Olive tree(英)
(漢字無し) 分類 モクセイ科オリーブ属 (常緑小高木)
英名の読み。 原産・分布 アフリカ原産(文久年間に渡来)、日本では小豆島での栽培が有名
神奈川県 自生は無い
用途 オリーブ油の採取や、塩漬け(ピックル)のための果樹
高さは2〜7m。地中海沿岸で古くから栽培されていた。
地中海性気候、つまり冬雨型の気候では、常緑・広葉のいわゆる硬葉樹林が形成される。夏雨型の気候の照葉樹林に対応した植生である。
オリーブは、身近な硬葉樹である。


平塚市
農業研究所
021211
葉は対生し、葉身は狭長楕円形〜長楕円状倒披針形で、厚い革質。表面は暗緑色、裏面は銀灰色。縁は全縁。

平塚市
農業研究所
021211
5〜7月に葉腋に、総状の円錐花序を付ける。花は白色で芳香がある。

神奈川県
二宮町
040523

樹木の写真Top