シロダモ

学名 Neolitsea sericea
別名 シロタブ、タマガラ、オキノミノキ
(漢字名無し) 分類 クスノキ科シロダモ属 (常緑小高木)
葉の裏が白いタブノキがもと。タブ、ダモについては、タブノキを参照。 原産・分布 本州(宮城県以西)、四国、九州、沖縄、南朝鮮、中国
神奈川県 シイ・カシ帯のほぼ全域に分布する。
用途 庭木、建築・器具材、薪炭材
暖地の山野に普通に見られる。特に沿海地に多い。樹高は15mになる。
春の樹は、若葉を枝先に垂れ下げる。若葉は黄褐色の絹毛を密生させる。後に毛は落ちる。


東京都
代々木公園
080505
シロダモ樹
帯緑暗褐色で割れ目は無いが、丸い小さな皮目と、クレータ状の突起が多い。

神奈川県
二宮町
051027
シロダモ幹
葉は互生し、葉身は長楕円形または楕円形、先は鋭頭、基部はくさび形。縁は全縁。3主脈があり、葉裏は緑白色。


葉裏


横浜市
港北区
0202
シロダモ葉
雌雄異株。
10〜11月、葉腋に1〜数個の無柄の散形花序を付ける。
雄花には6〜8個の雄しべがあり、クスノキ科の特徴で、葯には弁がある。
雄花

神奈川県
二宮町
041113
シロダモ雄花
雌花には退化した雄しべ6個と雌しべがある。写真は受粉後の雌花。雄しべなどは見えない。 雌花

横浜市
旭区
081129
シロダモ雌花
シロダモの実は、翌年の秋に赤く熟す。従って、雌株では、赤い実と黄色い花とを、同時期に見ることができる。写真の枝先に、蕾がついている。 実・蕾

川崎市
高津区
051027
シロダモ実
冬芽は黄褐色の鱗芽。クスノキの仲間の冬芽は比較的大きく目立つ。 冬芽

横浜市
港北区
080307
シロダモ冬芽
シロダモハコブシ。シロダモタマバエによる虫こぶ。4月に羽化した成虫が、その年の新芽に産卵する。孵化した幼虫は新葉に潜入し虫こぶを形成する。初夏には成熟する。翌春に幼虫は虫こぶ内で蛹化する。 葉虫こぶ

横浜市
港北区
060707
シロダモ虫こぶ

樹木の写真Top