ユスラウメ

学名 Prunus tomentosa
別名
英桃、櫻桃(中)
山桜桃、梅桃、撃桃 分類 バラ科サクラ属 (落葉低木)
朝鮮語名の移徒楽(イスラ)が元になり、多くの花が、風に揺れるさまの意のユスルルをかぶせ、さらにウメをつけたとされる。中国名とは関係ない。 原産・分布 中国北部原産(江戸時代初期から、日本で植採されていた)
神奈川県 自生は無い
用途 庭木
枝はよく分枝し叢生する。高さは2〜3mになる。

横浜市
港北区
(植採)
070601
樹皮は暗褐紫色で、不規則に剥がれる。梅の木の樹皮に似る。

横浜市
港北区
(植採)
070601
葉は互生し、葉身は倒卵形。先は短く尖る。縁は、不規則な細鋸歯がある。葉脈が裏面に突出する。表面には細毛が、裏面には絨毛がある。

横浜市
港北区
(植採)
070601
果実は1cmくらいで、6月には赤く熟し、甘酸っぱい。

横浜市
港北区
(植採)
070601

樹木の写真Top