カワラナデシコ

学名 Dianthus superbus var. longicalycinus
別名 ナデシコ、ヤマトナデシコ
河原撫子 分類 ナデシコ科ナデシコ属 (多年草)
花の可愛らしさを愛児にたとえ、「撫でる、愛でる子」の意でナデシコとなった。河原などに多いためにカワラ〜がついた。 原産・分布 本州、四国、九州。朝鮮、中国。
神奈川県 広く各地に点在する。草原、河原などの明るいところに生える。
花の時期 6月〜9月


単にナデシコとも呼ばれ、秋の七草に数えられている。淡紅紫色の花が可愛らしく、カーネーションの仲間。
★薬効★消炎、利尿、むくみ、膀胱炎、生理不順。
生薬名「瞿麦(くばく)」。開花期に全草を刈り取り乾燥させる。
山梨県上野原市秋山 110812


葉は対生し、線型〜披針形、基部は茎を抱く。
山梨県上野原市秋山 110812


花弁は5個、先が細かく糸状に裂けている。基部表面にはひげ状の毛がある。雄しべは10個、雌しべ(花柱)は2個。
花言葉
「可憐な純情、貞節、大胆、才能」などなど調べるといくらでも出てくる。それだけ多くの人の思い入れがあるということ?
山梨県上野原市秋山 110812


花の後。長い筒状のものが萼筒で3〜4cmある。その基部に苞がある。萼筒の中に刮ハがあり、熟すと先が割れ種子がこぼれる。
山梨県上野原市秋山 141001


種子は2〜3mmで偏平な楕円形。
山梨県上野原市秋山 141001


冬に花茎は枯れる。赤みを帯びた根生葉がわずかに残る。
山梨県上野原市秋山 140401

樹げむのTreeWorld Top