オオバショウマ

学名 Cimicifuga acerina
別名
大葉升麻 分類 キンポウゲ科サラシナショウマ属 (多年草)
葉が大きいショウマの意。升麻(ショウマ)は、同属種の根茎の生薬名で、本種の中国名でもある。 原産・分布 本州、四国、九州。
神奈川県 丹沢と小仏山地に分布。ブナ帯の樹林内に生えるが多くない。
花の時期 8月〜10月


湿り気のある林床に生える。小さな群落を作るが、個々の株の寿命がそれほど長くないのか数年で群落が現れたり消えたりするようだ。
穂状花序はあまり枝分かれしないで長く上に伸びる。
葉は大きく目立つ。
上野原市秋山 141001


根生葉は3出複葉で、小葉は円心形で浅く5〜9裂する。縁には粗い鋸歯と短毛がある。茎葉はあるが退化して苞状。
上野原市秋山 141001


茎の先に典型的な穂状花序がつく。蕾は球形で、花序の軸に無柄でつく。花は下部から順次上に咲く。
花言葉 「逃げる、控え目、自由」など。
上野原市秋山 141001


雄しべは多数。中に雄しべより短い雌しべが1つ混ざる。
蕾の外側は萼片。萼片、花弁ともに早期に落ちる。
上野原市秋山 141001


実は4mmほどの袋果
仲間のサラシナショウマやトリカブトの実と形が似ている。
上野原市秋山 141205


種子は黒色で表面に凸凹がある。
上野原市秋山 150301


春の芽生え。
上野原市秋山 150419

樹げむのTreeWorld Top