ヤブレガサ

学名 Syneilesis palmata
別名
破れ傘 分類 キク科ヤブレガサ属 (越年草)
若いころの根生葉の様子が破れた傘のように見えることから。 原産・分布 本州、四国、九州。朝鮮
神奈川県
花の時期 7月〜9月


根生葉が1枚、茎葉が2〜3枚互生する。ともに葉身は円形で、7〜9の裂片に掌状深裂する。
さらに長く伸びた茎の先に円錐花序に頭花をつける。
上野原市秋山 120615


若い個体は根生葉が1枚だけで、
春先には名前の由来となった破れ傘のような形をしている。
厚木市七沢 100322


株が充実すると花茎を伸ばし頭花をつける。
上野原秋山 140519


花は円錐花序に頭花がつく。赤味のはいった蕾が可愛い。
上野原市秋山 120615


頭花は7〜13個の筒状花からなり、舌状花が無いのでちょっと地味。
雌しべの先の柱頭が2裂して反り返っているのが見える。
上野原市秋山 140708


受粉すると冠毛が伸びてくる。果実は冠毛のついた痩果。
上野原市秋山 140909


茎にできた虫こぶ。ヤブレガサクキフクレズイフシでミバエの仲間による。
よく見ると虫こぶの先端には小さな蕾ができている。
長い茎が太く短くなってしまったようだ。
上野原市秋山 120807

樹げむのTreeWorld Top