ムクゲ 学名 Hibiscus syriacus L.
別名 キハチス
木槿(中)
木槿 分類 アオイ科フヨウ属 (落葉低木)
漢名の木槿の読み(モッキン)が、朝鮮語名無窮花(ムグンカ)の影響で訛ったとされる。別名は同じ1日花のハス(ハチス)の花から。 原産・分布 中国原産 (安土桃山時代以前?の渡来)
神奈川県 自生は無い。
用途 庭木
庭によく植えられる。幹はよく分岐し、3〜4mの株立ち状になる。
韓国の国花。


横浜市
港北区
060707
樹皮は灰色で丈夫で折れにくい。材は水気が多く、柔らかい。
薬効水虫、皮膚炎。生薬名は「木槿皮(もくきんぴ)」。樹皮を剥いで日干しにしたもの。


横浜市
港北区
040717
葉は互生し、葉身は卵形、浅く3裂する。縁には粗い鋸歯があり、裂片がたくさんあるかのようにも見える。

横浜市
港北区
(植栽)
050813
学名のとおりハイビスカス(日本名ブッソウゲ)の仲間。花はよく似ている。7〜10月に、本年枝の先の方の葉腋に咲く。
雄しべは、5個が合着して筒状になり、柱頭がその筒の先から出ている。柱頭の先は5裂している。
花粉媒介:昼行性のスズメガ
花言葉「デリケートな美、繊細な愛、信念、尊敬」 


横浜市
港北区
040717
1日花であり、朝に開いて翌日には写真のように萎む。多数の花が、次から次ぎへと咲くため、花期が長い。→「花の命は短くて - 夏の花・冬の花」参照。
白花や八重咲きなどの、園芸品種が多い。
花後

上野原市
秋山
160817
冬には、朔果が目立つ。熟すと5裂して、長い毛のある種子が風で飛ばされる。 果実

横浜市
港北区
篠原園地
071114
種子は5mmほどで、褐色の扁平な豆の形。長い毛が羽のようにつく。おもしろい形をしている。 種子

上野原市秋山
190107
枝の先がこぶ状になっている。3つの円形が托葉痕、横にある半円形が葉痕、それらの間で小さく突き出ているのが冬芽(裸芽)で、目立たない。寒い地方では、枝先は枯れる。 冬芽

品川区
林試の森
050318

樹木の写真Top