ヤブマメ

学名 Amphicarpaea edgeworthii var japonica
別名
藪豆 分類 マメ科ヤブマメ属 (つる性1年草)
ヤブをつくる草がゆえの名か。 原産・分布 本州(関東地方以西)、四国、九州。中国、朝鮮。
神奈川県 山地の高標高を除く全域に普通に分布する。
花の時期 9月〜10月


林縁や草地に多い。茎や葉柄に下向きの毛が多い。
葉は3出複葉で、小葉は広卵形。葉の両面にも毛がある。
上野原市秋山 120912


葉腋から短い総状花序を出し、淡紫色の蝶形花をつける。
上野原市秋山 120912


花の後に豆果がすぐにできる。2〜3cmと小さい
上野原市秋山 120929

樹げむのTreeWorld Top