ハゼノキ

学名 Rhus succedanea L.
別名 リュウキュウハゼ、ハゼ、ロウノキ、トウハゼ
紅包樹(中)
黄櫨 分類 ウルシ科ウルシ属 (落葉小高木) 有毒植物
「ハゼ」についてはヤマハゼを参照。ヤマハゼより後に、移入栽培され、主に利用されるようになった本種を、ハゼの木と呼ぶようになった。 原産・分布 中国、台湾、ヒマラヤ、タイ、インドネシア原産。室町期以前に渡来し、関東地方以西に野生化している。
神奈川県 山地を除き、丘陵地〜沿海地に広く分布する。逸出、野生化。
用途 核果からロウを採る
日本では、和ロウソクの油を、実から採るために栽培され、拡がったとされる。

富津市
上総湊
030706
ハゼノキ葉
樹皮は滑らかで灰褐色、小さな皮目が多い。
万葉集や古事記では「はじゆみ」と呼ばれ、この材で弓を作ったとされている。また真言密教では、春の甲子の日にこの木を切って護摩を焚く木にした。
心材は深黄色で美しいため装飾材や寄せ木細工に使われる。ただし櫨色や黄櫨染などに使われた黄櫨はヤマハゼと思われる。


渋谷区
代々木公園
080506
ハゼノキ幹
葉は奇数羽状複葉で互生する。小葉は4〜6対で、披針形。両面ともに無毛で、裏面は緑白色。縁は全縁。
ヤマハゼと見分けが難しいが、ヤマハゼは両面に短毛がある。


富津市
上総湊
030706
ハゼノキ葉
核果は扁球形で無毛、光沢がある。秋に枝先の円錐花序に沢山の実が成る。ウルシ科の実はそれぞれ特徴があるが、ヤマハゼと本種はよく似ている。

富津市
上総湊
080928
ハゼノキ実
ウルシの仲間なので、紅葉が綺麗。 紅葉

大田区
大森
051209
ハゼノキ紅葉
枝はやや太く、小さな皮目が多い。頂芽は細身の芽燐があるが、枝先から黄褐色の細かい毛があるため、裸芽のように見える。
側芽は丸く小さい。葉痕はハート型〜紡錘形で、維管束痕が多い。
冬芽

横浜市
港北区
080214
ハゼノキ冬芽

樹木の写真Top