ノブドウ

学名 Ampelopsis brevipedunculata Trautv.
別名
野葡萄 分類 ブドウ科ノブドウ属 (落葉つる性)
野に生えるブドウの意。「ブドウ」については、ヤマブドウを参照。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄、アジア東北部
神奈川 全域に見られる
用途 特になし
山地、丘陵、野原に普通に生える。葉と対生して巻きひげが出て、他の樹木やフェンスに絡みつく。

藤沢市
六会
060620
葉は互生し、葉身はほぼ円形で3〜5裂する。基部は心形、縁は鋸歯がある。
葉に対生して、巻きひげが出る。巻きひげは、先が2又に分かれ、何でも触れたものに巻きつく。
・蔓

藤沢市
六会
060717
7〜8月に、やはり葉に対生して集散花序を出し、小さな花を開く。

神奈川県
箱根湖尻
050830
果実は大豆大の液果で、淡緑色からピンク、紫色になる。ほとんどの実に、タマバエの幼虫が寄生しており、食べられない。
この色の変化が綺麗なので、庭木としてフェンスに絡ませるのも良いと思う。そうしているお宅を、あまり見たことは無いが。
→「秋・冬の虫こぶ いろいろ

(虫こぶ)

世田谷区
041002
太いつるは暗灰褐色で、褐色の皮目が目立つ。巻き鬚が各節から出て、向かい合って葉痕がある。写真は下向きの半円が葉痕。
冬芽は葉痕の奥に隠れている。春に葉痕が裂けて新芽が出る。
冬芽

横浜市
港北区
080216

樹木の写真Top