ウツギ

学名 Deutzia crenata
別名 ウノハナ
空木 分類 ユキノシタ科ウツギ属 (落葉低木)
枝の髄が中空のための名。卯月(うづき陰暦4月)に花が咲くからとも。 原産・分布 北海道、本州、四国、九州、奄美大島、中国
神奈川県 県内全域に分布する。ブナ帯付近まで上がっている。
用途 庭木、楊枝、木釘
山野の、日当たりの良いところに普通に生える。また、畑の境の生け垣や、庭木として植えられる。幹は高さ2mになる。
6月になると、丹沢の沢沿いや、林道沿いが、白い花でいっぱいになる。このウツギだけでなく、ヒメウツギガクウツギコゴメウツギツクバネウツギなどが競争して咲いている。ウツギの展覧会のようだ。
ウツギの花


丹沢
水の木
050619
ウツギ樹
若い幹は茶褐色で皮目が目立つ。数年を経ると縦に裂けたような縞模様になる。さらには写真のような樹皮になる。

上野原市
秋山

161019
名前の由来になった中空の茎。珍しいわけではなく、株立ちの灌木には中空のものが多い。樹体を作るときのエネルギー節約になるのかもしれない。

丹沢
三ケ瀬川
080706
葉は2列に対生する。長卵型または卵状披針型で、縁に低く細かい鋸歯があり先が尖る。表面は緑色、裏面が緑白色で両面に星状毛がある。

丹沢
水の木
020616
ウツギ花
5月下旬〜7月に、側枝の先に円錐花序を付ける。花弁は5枚、雄しべが10本、花柱は3〜4本ある。雄しべの花糸に狭い翼がある。
花言葉 「古風、風情、秘密」


丹沢
水の木
020616
ウツギ花
球形の実は、刮ハで木質。熟すと3〜4裂する。
★薬効★利尿、むくみ。乾燥した果実を使う民間療法。


丹沢
水の木
040717
ウツギ実
種子は楕円形で種皮の変化した膜を翼のように持つ。方眼は1mm。 種子

上野原市
秋山
160211
1年枝は褐色で、枝先に星状毛が残る。枝の表皮は薄く、短冊状に剥がれる。
冬芽は、芽燐が4列に並び、褐色で星状毛がある。
冬芽

丹沢
塩水川
070107
ウツギ冬芽
こぼれ話 「二十四節気」
卯の花の匂う垣根に、ホトトギス早も来鳴きて、〜」と唄う唱歌「夏は来ぬ」では、卯の花をはじめとした初夏の風物が登場する。この卯の花はもちろんウツギの花のことで、ウツギの花は横浜近郊では6月頃から咲き始める。6月はまだ梅雨の頃だが、6月半ばを過ぎると夏至になる。
春分夏至秋分冬至二十四節気という暦の中で定義されている名称である。太陽の周りを地球は周回しており、一周が1年である。この一周360°を24等分すると15°づつの円弧になるが、円弧の節目の一つ一つに名前をつけたのが二十四節気である。特に地球の北半球で日照が一番短くなるときを冬至、一番長くなるときを夏至とし、2つの中間点を春分、秋分とした。現在の二十四節気では春分の位置を起点0°としているので、夏至は90°秋分は180°冬至は270°の位置になる。
春夏秋冬の言葉以外に二十四節気には、雨水、啓蟄、穀雨、大暑、寒露、大雪などの季節を表す言葉がある。明治以前の旧暦では、暦の日付と季節にズレが生じるので農作業では二十四節気が使われた。二十四節気よりも細かく季節を表した暦に72候がある。これも農作業には重要な暦だった。明治以降の新暦(太陽暦)は、二十四節気とほとんど同じ仕組みの暦であり季節とのズレは無い。
それでは何時から何時までが夏なのか。二十四節気の名称からいえば、立夏(5月5日頃)から立秋(8月7日頃)の直前までとなるが、実感的には早すぎる。海外では夏至(6月21日頃)から秋分(9月22日頃)の直前とする国もあるようだ。「夏は来ぬ」の歌からもこの方が実感に近い。気象庁では6〜8月としている。分かりやすいのでこのホームページでも利用させていただている。

樹木の写真Top