こぼれ話(植物の文化)

人は、昔から樹木や野草をいろいろと利用してきました。人の生活との関わりが深い植物ほど、その土地の文化の中に登場します。植物にまつわる「へぇ〜!」と言うような少し面白い話題を集めてみました。歴史上の逸話、地域文化、特産品、言い伝え、名前の由来などいろいろです。「樹木と野草の写真」の各ページの、最下欄に「こぼれ話」として掲載しています。

「秋の七草」
キノナナクサ
オミナエシ
「麻布」
サヌノ
カラムシ
「アヘン戦争」
ヘンセンソウ
チャノキ
「五十猛神」
ソタケル
スギ
「一里塚」
チリヅカ
エノキ
「右近橘」
コンノタチバナ
タチバナ
「雨城楊枝」
ジョウヨウジ
クロモジ
「太田道灌」
オタドウカン
ヤマブキ
「弟橘媛」
トタチバナヒメ
タチバナ
「カエデ糖」
エデトウ
イタヤカエデ
「門松」
ドマツ
クロマツ
「喫茶」
ッサ
チャノキ
「鬼子母神」
シモジン
ザクロ
「木地師」
ジシ
ブナ
「木曽五木」
ソゴボク
ヒノキ
「黄八丈」
ハチジョウ
タブノキ
「桐家紋」
リカモン
キリ
クリスマスツリー

モミ
「桑原」
ワバラ
ヤマグワ
「紅一点」
ウイッテン
ザクロ
「厚朴」
ウボク
ホオノキ
「獄門台」
クモンダイ
センダン
「古赤道」
セキドウ
ドクウツギ
「金漆」
ンゼツ
コシアブラ
「桜前線」
クラゼンセン
ソメイヨシノ
「桜まつり」
クラマツリ
ソメイヨシノ
「沙羅双樹」
ラソウジュ
ナツツバキ
「シナ布」
ナフ
シナノキ
「銃床」
ュウショウ
オニグルミ
「松竹梅」
ョウチクバイ
クロマツ
「樟脳(カンフル)」
ョウノウ
クスノキ
「白炭(備長炭)」
ロズミ
ウバメガシ
「菅原道真」
ガワラミチザネ
ウメ
「節分」
ツブン
ヒイラギ
「千両・万両」
ンリョウ・〜
マンリョウ
「玉箒」
マボウキ
コウヤボウキ
「陀羅尼助」
ラニスケ
キハダ
「重陽の節供」
ョウヨウノセック
リュウノウギク
「非時香実」
キジクノカグノミ
タチバナ
「飛梅」
ビウメ
ウメ
「二十四節気」
ジュウヨンセッキ
ウツギ
「ネソ」

マンサク
「ねぶた祭り」

ネムノキ
「花見」
ナミ
ヤマザクラ
「春の七草」
ルノナナクサ
ハコベ
「雛祭り」
ナマツリ
ハハコグサ
「枇杷葉湯」
ワヨウトウ
ビワ
「五倍子」

ヌルデ
「藤棚」
ジダナ
フジ
「藤布」
ジフ
フジ
「仏像(飛鳥時代)」
ツゾウ
クスノキ
太占
トマニ
ウワミズザクラ
「冬」の謂れ
ユノイワレ
ザクロ
プラントハンター

アオキ
「返礼」
ンレイ
ハナミズキ
「万葉集」
ンヨウシュウ
ヤマハギ
「虫歯」
シバ
クリ
「矢毒」
ドク
ヤマトリカブト
「妖精の国」への道
ウセイノクニ
ハンノキ
「吉野山の桜」
シノヤマノサクラ
ヤマザクラ
「ライチ」

モクレイシ
「レバノン杉」
バノンスギ
ヒマラヤスギ
「蝋燭」
ウソク
ハゼノキ
「輪かんじき」
カンジキ
アブラチャン