核果

核果多肉果の一種で石果とも呼ばれ、内果皮が硬いを構成している果実のこと。代表はウメの実で、通常果実の中心に1個の核があり中に1つの種子がある。フルーツと呼ばれる甘みのある部分は中果皮にあたる。


アオキの実。赤い部分が外果皮、厚い果肉部が中果皮。
薄く白い膜が内果皮。一般的な核果は内果皮が厚く固い。


ヤマザクラの核。固い皮は内果皮で、種子はその中にある。

核果を作る植物の例は以下。
アオキ
アオハダ
ウメ
ウリノキ
エノキ
オオシマザクラ
オオミヤマガマズミ
ガマズミ
キハダ
クマヤナギ
クロウメモドキ
クロガネモチ
サンゴジュ
サンシュユ
ナツメ
ヘクソカズラ(草本)
ミズキ
ムクノキ
ムシカリ
モチノキ
ヤブデマリ
ヤマザクラ
ユズリハ

参考 果実の構造と分類

一般的な果実の構造を模式化したのが下の図です。

花の構造として、雌しべの基部に子房があり、子房の中には胚珠があります。受粉後に胚珠が発達して種子になり、子房が果実になります。
果実の構造は外果皮、中果皮、内果皮が種子を包んでいます。種子の構造は外種皮、内種皮があってを包んでいます。は将来発芽すると新しい植物体となる大切な部分です。それぞれの果皮、種皮は明確に分かれていない場合もあるようです。

一般的な分類方法は、熟したときに果皮が乾いているものを乾果、多肉質になるものを多肉果とし、それぞれ形状によって次のように分類されています。
◎乾果 ⇒(裂開する) 袋果、豆果、刮ハ、蓋果、長角果、短角果
      ⇒(裂開しない) 痩果、穎果、翼果、堅果、節果、分離果
◎多肉果液果、ウリ状果、ナシ状果、ミカン状果、核果
他に複数の雌しべや花が元になり果実が集まった形状を集合果複合果に分類している。